レイトショーの独り言 その68

スターウォーズ 最後のジェダイ

20世紀FOXのファンファーレが鳴り響き
ルーカスフイルムリミッテド
むかしむかしあるところにどうのこうの

ジャーン! スターウォーズEP8

って今やFOXが映らないのは
不満ですが。

ま、こんな聖典にケチつけるつもりも
毛頭ありませんので
今までもこのブログでは
シリーズ感想を避けてきましたが、

クライマックス
一体いつまで続くねんこの逃亡劇
で最後の惑星にたどり着き、
敵の圧倒的な攻撃力に
レイア姫含む幹部も
どうやらこれまでのようだ
と観念したところ
あれほど協力を拒んでいた
我らが最後のジェダイ
ルークスカイウォーカー登場。

元師匠の登場に動揺しまくった
若き悪玉カイロレン。
ありったけの攻撃をしろ!
部下が、もうよろしいのでは、
と具申するまで煽りつけ
今日はこれぐらいにしといたるわ。
しかし、もうもうと上がった土煙から
貴様の攻撃など蚊ほども効かぬわ~と
肩をパンパンとはらった
ルークの登場に50歳代男は
鳥肌が立ってしまい
もうこのシーンだけで
全然オッケーとなり
この心境を皆さんに伝えたく
筆を採った次第。

しかし、
この場面でのルークは、
実態ではなく、フォースの力で
遠隔操作していたのです。
ところが、かなり負荷が
かかったしまったらしく
隠居している星で
残念ながら肉体は
滅びてしまいます。
ウルトラマンも
テレポーテーションしたところ
著しく寿命を縮めてしまい、
ハヤタに戻っても
相当体力を消耗した模様で
老体には何光年離れた場所での
戦いは無理があったんでしょうね。
もっとも、さらに師匠のヨーダも
精神的には生きているわけで
ルークは9作目も出演して欲しいですな。

とは言うものの一言もの申す!

浜ちゃんがエディマーフィーに
扮したぐらいで地球規模で
あーだ、こーだ言われるほど
くだらない時代なんですが
それを反映して黒人が
ヒーローはまだしも
あいつはアカンでしょう。
そりゃ、リアリティはありますよ。
そやけど観客はガルガドットか
アナデアルマスを期待してるんですよ。
百歩譲って即、死んだ姉貴やったら
まだ感情移入もできるのに。
ただでさえ世知辛くなってきたのに
人権ってもんが見え隠れすると
引いちゃうよね~。
ま、単純にアジア系は
スターウォーズの世界観には
似合わない。かな。

エンディングタイトルで
我らがプリンセス、
ってこれも反則やわな。
ちょっとウルってきたりして。

にしてもR2-D2は
いつ見ても萌え~

R2-D2欲しいわ~
おなかちゃん、買うてくれ~!

アールツーデーツー
フエラーユー

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中