レイトショーの独り言 その60

ルパン三世カリオストロの城 MX4D

40周年とか50年前とかの
話が多いですが
これもあったか!
ルパン

もともとわたしめファーストシーズン
緑のルパンしか好きでなく、
劇場版ルパン対マモー(1978)は
たまたまテレビで拝見。
もろセカンドシーズン
赤のルパン世界観満載で
自分の中では評価が
低かったんですよねー
で、これ、
劇場版第二作の煽り放送だったので
本作もつまらないと
思ってしまったんですよねー

しかし、一年後、
大学生になった私は、
徹夜麻雀のお供に、
たまたまテレビ放送されている
本作に
「ん?案外面白いんでねえの」
と、すっかりはまってしまった次第。

時は流れて38年・・・
この正月公開のスターウォーズの
予告編で、
デジタルリマスター
期間限定公開!
しかもMX4Dにて!
「これは見なアカンでしょう。」
という訳で、
「ルパン三世 カリオストロの城」(1979)
を初めて大きなスクリーンで
見ることとなったんですよね。

3Dとちゃうのか?
と不満を覚えたものの
3千いくらも出すのも辛いので、
まあ、これでエエか。

じじいには結構揺れます。
ただ終盤は物語に入り込んでいたので
あまり気になりまへんでした。

ストーリーは
皆さんよくご存知なので
特に記しませんが
構成が実に良く出来てるなあーと、
何度観ても感心感心。

「どっちにつく?」
「おんなあ」
「だろうな」なんて、
よく脚本思いつきますよね。

下水道のシーンは、
反響のあるセリフになっているし
(当時は音声はモノラルだったとのこと)
芸が細かいですよ~

ちなみに当時「ロリコン」という
言葉を知りませんでした。
なので、ルパンが伯爵を
揶揄するセリフの意味が
わからなかったのだ!

時計台での決闘で
大きさの違う軸に乗って、
(当然回転スピードが違うわけで)
タイミングを合わせる趣向なんて
サイコー!

大野雄二の音楽も、
ルパンと銭形が地下牢獄から
脱出するシーンでの
「サンバ・テンペラード」
俺のポケットには大きすぎる
「ミステリアスジャ-ニー」
全編に散りばめる
「非常線突破」

何回聞いても良いですなあ。
(時々 犬神家、大追跡 と被るけどね)
※ただ テーマ曲の出だしが
「ロッキー」そっくりなので
当時からこれだけは、
気に入りませんでしたけど。

いやあ、良いものを観せてもらいました。

一つ疑問。
国営カジノからかっぱらった
ナンバー不揃いの50億(単位不明)は、
景気よく捨てちまおう。。。だったのに
ルパンは何故エンディング、
不二子の獲物には興味を示したんでしょう?

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中