レイトショーの独り言 その59

投稿日:

サイボーグ009 call of justice 第三章

年末バタバタした理由のひとつに
009の三部作征覇っていうのがありまして
せめて1カ月ぐらいのスパンがほしいですね。
2週間限定はキツイっす。

で通しての感想は
面白かった、でした。

ワタシめは初期の原作、モノクロ版TV共通フォーマットの
009一人だけにスポットをあてるスタイルが
お気に入りでして、
しかし、それでいて他のメンバーも活躍が適材適所で
行き届いているので、その配分は振り返ってみると
なんと微妙なバランスで進行していたのか、と感心します。
(もう50年前の記憶ですが確かTV初回放送は全員登場せず
 3回目ぐらいのエピソードで009がピンチに陥るところで
 全員集合!めちゃくちゃテンション上がったのを覚えています)

そのため
みんなで力を合わせて頑張るんだ!という
カラー版は今ひとつ好きになれませんでした。

三章の大詰めラスボス(同じ髪型、過去の声優起用はまったく
触れず)との闘いにおいて
その雰囲気が残っていたように感じたので
結果的にマル。
007(ジェームズボンドのほうですよ)やゴジラもそうですが
物語の世界観と現実の世界情勢を
違和感なく兼ね合わせて面白いストーリーを作るなんて
そうそう無理ですよね。
なので、まあこんな感じで決着がつくのもアリかな、と。

ちなみにRECYBORG の大人003も良かったけど
今回の少女チック003もいい感じ。
クライマックスの003バイク滑走シーンはアニメと思いつつも
なかなかカッコよく
ええやん!の採点のひとつ。

たいそうおもしろしゅうございました。

そうそうこの映画って東宝配給なんですね。
009って東映じゃなかったの?

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中