藤岡弘、

最近、002氏の映画ブログが滞りがちなので、ちょっとリリーフで。

映画「仮面ライダー1号」

日本俳優史上、最も「おやっさぁん!」のセリフを数多く言った男

藤岡弘、(70歳)の44年ぶりの単独主演映画である。

(仮面ライダー以外にも、

ドラマ「特捜最前線(1977年~87年)」においても、

大滝秀治扮する同僚刑事に「おやっさぁん!」と呼び続けた)

共演の仮面ライダーゴーストの世界観とか全然わからないが、

まあ、昭和仮面ライダー特有の

「バイクで突進!、怪人、戦闘員を轢く」という

保険会社から訴訟されたら100対0で敗訴決定の伝統芸も

見る事が出来るが、

何より御年70歳にしてのノースタントマンアクション、

今の高校生達に「生命とは」と熱く問う場面

(もちろん問われた学生は???状態)、

「立花藤兵衛」の写真に「おやっさん、帰ってきたよ・・」と

静かに一言。まさに「藤岡ワールド」満載である。

昔から大好きな俳優なので、見ていても時々こっちが暑くなる、

いや、胸が熱くなる。

まぁ、映画の内容も少々大人向き(?)の

ストーリーではあったと思うが、

それはまぁ、見た人の判断に委ねるということで。

かなり好き嫌いが別れると思うが、

お好きな方は劇場、またはレンタルDVDででもどうぞ。

エンディングに流れる、本郷猛(藤岡弘、)の熱きメッセージに

「イイね」マークを。

 

 

 

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中