レイトショーの独り言 その46

進撃の巨人

原作は全く知りませんので
単なる特撮映画としてのめり込みました。

結構GOOD!

監督 樋口真嗣
特撮 尾上克郎
という平成「日本沈没」コンビ。

私はCGが嫌いでなんというか、あの立体感のなさが気に入らないので
最近のVFXなるものはあまり見たくないのですが
なんとなく見過ごせない感がありました。

数日後NHKの番組で舞台裏を見せてもらいましたが
いわゆる昭和の香りを振りまいて、さらに平成の特撮をブレンドする妙に
映画館で感じたいい意味での違和感が腑に落ちた次第。

2人が関わった「巨神兵東京に現る」のブルーバックスタイルが使われており
着ぐるみ以下の速度感(どんな日本語や?)で見事に巨大さを表現していました。

てことでUSJのアトラクションで闘っていた二人は
あの二人なんですね。ようやくわかりました。

監督が語っていたようにもろ「サンダ対ガイラ」
軍艦島を世界観に合わせて使用した空気が見事にマッチング!

長谷川博己 いいですね~
この人の「地獄でなぜ悪い」大好きなんですが
本当に現実から浮いた感じが滅茶苦茶イイッ!

三浦春馬 ウザイですね~
こういう演出に合わしてるんでしょうが
イチイチ「ウエラァヴァ~、ウグアフグアファ~」て言いながら
壁を落ちていくなっちゅうねん!

石原さとみちゃん 面白いですねえ~
あまり今までのドラマからはかけ離れた役なので
特別出演っぽいと想像するも出ずっぱり。
なんと空を飛ぶんですよ~ (みんなもか)

水原なんとか
存在感ないな~
エンディングはまだまだ続きそうな終わり方なんですが
私としては
「進撃の巨人ビギニング」が観たいです。

なぜ巨人が出現したのか?
普通の人間が巨人に変身するのか?

(ライダーへんしんっ、なんてしないですよ。普通のギャルが
身を痙攣させて巨人になるんですよ。
わー恐ろしや)

巨神兵の時みたいな絶望感丸出しのシャシンになりそう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中