レイトショーの独り言 その42

パッション

この監督の新作は絶対観よう!の筆頭がブライアン・デ・パルマです。
(あとダリオアルジェントと
次回予定のフランソワオゾンがまずは三大巨頭ですかね)

多分ファン以外の人はどこがええねん!?と突っ込みまくりでしょう。

実際このパッション もデパルマの見所であるカメラワーク、音楽、
人称の変化、最後のオチだけで勝負というパターンは変わってないし
映画も半分が過ぎると、まさかこのまま行くんちゃうやろな?
ああ結局そうかいな!
 
見終わって こいつはこの年イチ!なんてことには絶対なりません。

最後のオチはまさかこれをせえへんやろうとノンビリしていると
まさかのあのパターンだってのでビックリはしたんですが。

でも偉大なるマンネリちゅうのは見ていて安心感はあります。
次作(があれば)も期待してガッカリすると思います。
でもええんです。
 

出演はレイチュル・マクアダムス(ホームズに勝利)
ノオミ・ラパス(エイリアンに勝利)

レイチュルの方が1歳年上なんですがノオミさんはなんちゅうか
ズバリ!オバサンですなあ。

ノオミさんはバストトップ見せてくれはるし
レイチュルはブラなし下着(これって何て言うん?)で
魅せてくれはりました。

チャンチャン

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中