レイトショーの独り言 その34

アウトロー

アクションもちょっとしんどいお年頃のトム・クルーズが
新しいドル箱を狙ったシリーズ
その名もジャック・リーチャー。

1997年スタートの原作は17作出版の累計発行6千万部っつーから
結構有名なはずなのに拙者は知りませんでした。
007もそうでしたがシリーズキャラクターが形づくられる
1作目を映画化しておらずこのアウトローは
9作目の“ワンショット”なんですって。

パンフにはトムいわく一番映画化に向いている作品だそうですが
正直そんなに華がある映像ではなく
むしろ推理小説風のミステリーを展開しているため
本国では微妙なヒットにとどまり、本作をシリーズ化するのも
?マークが点灯。
老骨に鞭打ってM:Iシリーズを継続になりそうな雰囲気です。

しかし映画自体はすっごく楽しめました。
もともと推理小説好きの拙者にとって
状況検証のためのいろいろな角度からの可能性を見せるショットなどは
ゾクゾクするシーンですし
この映画も敵キャラはそんなに強大ではないものの
話の筋立てはgood!

トムの格闘技も実戦では有効そうで相手は痛そー
(なんかバットマンも使用しているとか)

車屋さんの女の子アレクシア・ファスト最高!
どうもプロフィールには年齢が不詳。
いくつなんでしょう?
お気に入りに登

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中