レイトショーの独り言 その21

ピラニアリターンズ

前作は、お気軽映画もたまにはええやん、のノリで
個人的に評価は高かったのだが
それは案外とまともに考えて創っていたためなのか!と、
改めて見直した次第。

それくらい今回は内容がありまへん。
続編やからピラニアと女の子の裸と3D出しときゃええんじゃね?の
思惑が丸見え。

しかも正味70分って短すぎるやん。
(無意味なエンドロールが10分プラス)
前作やったらさらにエリザベス・シューが大活躍ってトコなのに
あっさり魚どももくたばっちまうし。
(なんでやねん?)

今日の3D料金2600円(パンフ込み高い!700円)はキツイでっせ。
意外とハコが少ないのも納得。

まあ自分でこれ見ようって決めたからね...

ちなみにデビット・ハッセルホフにはあまり思い入れがないので
さんざん自虐ネタを振られても...

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中